まずは、子供服の選び方をチェック!

・動きやすい、安全なモノを選ぶ

子供はあちらこちらに駆け回ります。動くのが窮屈な服装は子供自身も嫌がりますし、よく転ぶのでできるだけ安全なモノを選びましょう。特によく動く子供の場合はすぐにボタンが取れてしまいますので、ボタンタイプは避けましょう。

・脱ぎやすいモノを選ぶ

汗をかいたり、お漏らししたりと洋服を脱ぐ機会は思ったより多いものです。そのため子供服には、自分でも脱ぎやすく、親が脱がせやすいモノを選ぶようにしましょう。

・その時期・季節にピッタリあったモノを選ぶ

子供はあっという間に大きくなってしまうので、親としては大きなものを買って長く使わせたいというのが本音ですが、結局季節が変わって着れなくなってしまうケースがほとんどですので、ジャストフィットするサイズを選ぶ方が結局お得です。

・下の子にも使わせるつもりならば、安物買いは避ける

子供服の値段はピンキリですが、デザインは割りと安いものでも良いものが出てきました。価格差で一番違いが出るのが素材の違いです。安いものは何回か洗うとヨレヨレになったり、次の子供のために数年置くとシミができていたりします。

・色も結構重要!

色選びは意外に重要で、子供によって合う色・合わない色というのも、もちろんありますが、最近流行りのナチュラルカラーは迷子の時に探しにくかったりします。

代表的な子供服ブランドの紹介

ラルフ・ローレン バーバリー ナイキ コムサ・デ・モード
ラルフ・ローレンの子供服 バーバリーの子供服 ナイキの子供服 コムサ・デ・モードの子供服
ラルフローレンクラシックとビンテージの幅広い子供服やアクセサリーを取り揃えています。 バーバリーのチェックといえば洋服、マフラーだけでなく小物・インテリアまで絶大な人気を誇っています。 アメリカを代表するスポーツブランドナイキのスポーツウェアを意識したデザインがキュート。 「品がよくて、より賢く見える」をキーワードに、常に洗練された服を発信するブランド。低価格で上品な圧倒的な人気。
カーターズ セリーヌ ファミリア アディダス
カーターズの子供服 セリーヌの子供服 ファミリアの子供服 アディダスの子供服
縫製、生地ともにしっかりしていて、乾燥機を使うアメリカならではの丈夫な作りが嬉しいカーターズ。 白や淡いパステルカラーを使ったアイテムが多く、上品さが漂うセリーヌ。 国内ブランド「ファミリア」。上品で上質、そして伝統的な温かさと手作りの良さを生かした服です。 ドイツ発のスポーツブランド。パパ、ママとお揃いでスポーツテイストなファッションを楽しめます。スポーティの定番。
ベビーディオール ミキハウス D&G(ドルガバ) ブーフーウー
ベビーディオールの子供服 ミキハウスの子供服 D&G(ドルガバ)の子供服 ブーフーウーの子供服
数あるブランドの中でもトップクラスの人気を誇るブランドです。いわずと知れたクリスチャン・ディオールのブランド。 子供の成長に合わせて5つのブランドを展開。キーカラーは「赤」。着心地のよさを大切にした上質な服。 ゴージャス感が特長のドルガバ。幅広いラインナップや帽子・靴・靴下など取り揃えています。 アメリカンカジュアルを基本としたBOO HOMES(ブーホームズ)は、子どもの為の機能的なアクティブデイリーウエアが揃います。